株式会社e-SOL|シニア起業支援・ITコンサル|東京都板橋区

行政書士・上級文書情報管理士による実績と、自らの起業経験に基いたシニア起業支援、ITコンサルをいたします。

ホームお知らせブログ ≫ telloの件 無人航空機ヘルプデスクに電話をして聞い... ≫

telloの件 無人航空機ヘルプデスクに電話をして聞いてみました。

Q1-4 ゴム動力飛行機や重量 200g 未満のラジコン、マルチコプターは、自由に規制 無く飛行させることができるでしょうか
ーーーーーーーーーー
A ゴム動力飛行機や重量 200g 未満のラジコン、マルチコプターなどは、 「模型航空機」 に分類され、今回新たに設ける無人航空機の規制は適用されませんが、
従来からの航空法の第99条の2の規制(空港等周辺や一定の高度以上の飛行については国土交通大臣 の許可等が必要)は適用されます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
の件で無人航空機ヘルプデスクに電話をして聞いてみました。

結論から言うと

「telloは「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」の規制対象外である」と

回答を得ました。

QAにもあるように
「航空法の第99条の2の規制(空港等周辺や一定の高度以上の飛行については国土交通大臣 の許可等が必要」なので
・空港等周辺は絶対に許可が必要ですが
・一定の高度以上の飛行は、telloはMax30mしか飛ばせませんので許可は不要です。
航空法で、本来的に「無人航空機」であれば受ける住宅密集地での航空法上の許可などはtelloと言う「模型航空機」は不要となります。


さて、「住宅密集地」等でtelloを(屋外で)飛行させる場合注意が必要なのは、関係法令及び条例等についての遵守が必要ということでした。

ーーー具体的には下記のようなもの----
無人航空機の利用者の皆様は、以下の関係法令及び地方公共団体が定める条例等を遵守して飛行させてください。
〇 小型無人機等飛行禁止法(警察庁)
〇 ドローン等に求められる無線設備(総務省)
〇 ドローンによる映像撮影等のインターネット上での取り扱い(総務省)
〇 無人航空機の飛行を制限する条例等
-----

沢山ありますね、安易な理解で飛ばすと違法行為となり、罰金や逮捕につながる恐れがありそうなので

週末に整理して、まとめてみたいと思います。お待ちください。
2019年05月08日 08:10

株式会社e-SOL

〒173-0036
東京都板橋区
向原一丁目5番12
向原サンハイツ306号

電話番号
03-6325-2264

営業時間 8:00~20:00

定休日 土曜日
(年末年始、GW、お盆)

会社概要はこちら

モバイルサイト

株式会社e-SOLスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら