株式会社e-SOL|シニア起業支援・ITコンサル|東京都板橋区

行政書士・上級文書情報管理士による実績と、自らの起業経験に基いたシニア起業支援、ITコンサルをいたします。

ホームお知らせブログ ≫ インボイスの登録番号と表記事業者名の不一致はOK?NG? ≫

インボイスの登録番号と表記事業者名の不一致はOK?NG?

20220621_masuda_t
実際に本日頂いたご質問です。

お世話になっております。 お忙しい中大変申し訳ございませんが教えてほしい事があります。
インボイス制度での請求書で株式会社AAAのとして登録番号がありますがAAAが発行している請求書で株式会社AAAと記載が無い請求書があります。
「BB_AAA」や「CCC」などがあります。

番号があれば名前が不一致でも問題はないのか分かれば教えて下さい。
================
ご質問の件 整理すると
・インボイス制度の質問で
・AAAが発行する適格請求書が前提で
・株式会社AAAのとして登録番号がありますがAAAが発行している請求書で株式会社AAAと記載が無い請求書があります。
ここまでは、問題ない
理由は、QA問1より判断できる https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/qa/01-01.pdf#page=19

・つぎに
・「BB_AAA」や「CCC」などがあります。   
 番号があれば名前が不一致でも問題はないのか分かれば教えて下さい。」
・これは、駄目ですよ!!  
・適格性に欠けますよ   
・「株式会社AAAのとして登録番号」がありながら、「BB_AAA」や「CCC」では、不整合を生じさせているからです。   
・逆に、貴社がこのような不整合な適格請求書の受入検査で、適格性の検査をOKにしますか?    
・自問自答してください。
理由は、QA問21より判断できる https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/qa/01-01.pdf#page=38

以上

参考になれば、幸いです。

筆者紹介 益田康夫 関西大学商学部卒業 本籍地 神奈川県 
メアド masuda@e-sol.tokyo
1984年に社会人になり、IT業界一筋ながら 3回の転職を経て現在に至っています。 特に2008年のリーマンショック後の不況の 影響を受けて、2010年6月末にリストラ退社して現本業のアンテナハウス株式会社 https://www.antenna.co.jp/ に入社しました。 Sun MicrosystemsやOracleを中心 にしたITインフラから、IAサーバとしてのCompaqやIBMなどや、文書管理システムや ポータルシステムを販売していた前職と、現在のアンテナハウスでのPDF技術や電子 ファイルの変換技術などを中心にした、e-ドキュメントソリューションを探求して ノウハウを習得してきました。 特に、2011年以降、個人で学習時間をひねり出して 、文書情報管理士資格2級、1級、上級と最短記録でレベルアップさせ、更に国家資格 の行政書士※、日商簿記3級を2015年までに取得しました。 行政書士とは、https://www.gyosei.or.jp/information/ をご覧ください。 筆者が経営する株式会社e-SOLは2019年1月8日の設立されました.
2022年09月05日 13:53

株式会社e-SOL

〒173-0036
東京都板橋区
向原一丁目5番12
向原サンハイツ306号

電話番号
03-6325-2264

営業時間 8:00~20:00

定休日 土曜日
(年末年始、GW、お盆)

会社概要はこちら

モバイルサイト

株式会社e-SOLスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら