株式会社e-SOL|シニア起業支援・ITコンサル|東京都板橋区

行政書士・上級文書情報管理士による実績と、自らの起業経験に基いたシニア起業支援、ITコンサルをいたします。

ホームお知らせブログ2019年 ≫ 7月 ≫

2019年7月の記事:お知らせブログ

経費精算システム「楽楽精算」の取扱いを始めました!

color_logo
弊社株式会社e-SOL経費精算システム「楽楽精算」の取扱いを始めました!
 
今すぐ経理にかかるムダやコストを削りたい、働き方改革を進めたいなら、
経費精算システム「楽楽精算」がオススメです。

 
特に、
 
  ・今の経理業務に「ムダ」を感じている
 ・ITで経理部門の生産性を向上させたい
・残業を減らして働き方改革を進めたい

              
そんな課題を感じている企業の経営者や経理担当の皆さま!
そもそも自社の経費精算にどれくらいのコストがかかっているか把握されていますか?
 
・営業をはじめとする社員が申請にかけている時間
・管理職がその承認にかけている時間
・そしてその一件一件をチェックして仕訳や振込まで行うのに経理がかけている時間
 
その時間分だけ人件費がかかっています!
もしも、これらをすべて紙やExcelで行っていれば、
当然ながら手入力の処理件数が膨大で、ミスや差し戻しに振り回され、
経理担当の月末月初の残業は増えるばかり。
経費精算はただでさえ面倒なのに、ムダやストレスの温床となり、
生産性の低下はやがて他の重要な業務にも支障をきたしかねません。
 
そして、そんなリスクをまるっと解消してくれるのが経費精算システムです。
なかでもTVCMで話題の「楽楽精算」は、充実の機能と操作性、
中小規模の企業でも導入しやすい良心的な価格設定と安心のサポート体制で、導入社数はNo.1。
※ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2018」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2017年12月末までの累計導入社数)
これまで経費精算にかかっていた膨大な時間やコストをシステムの力で劇的に削減できます!
 
経理業務の働き方改革は費用対効果抜群の「楽楽精算」から始めましょう!
「楽楽精算」についての詳細は、こちらから
(サイト内「楽楽精算」製品紹介ページURL)
 
「楽楽精算」のお申込み・お問い合わせはコチラから https://e-sol.tokyo/contact.html
お急ぎの方は、直接お電話でご連絡ください。
TEL 03-6325-2264
営業時間 8:00~20:00
受付時間 8:00~9:20/12:00~12:50/18:10~20:00
定休日 土曜日(年末年始、GW、お盆)
 
2019年07月31日 08:15

開発助成金 二次面接 体験談!

201907〇〇二次面接 振り返り
1 1時間前には現地到着
2 受付時に 注意事項の紙が配布される
3 10分前ぐらいに 呼び出し
4 呼び出し官に 注意事項や進行上の説明を受ける
5 面接会場に入室
  ・面接官3名+振興公社の方が2名
  ・面接官の中央の方が主担当
  ・私の面接官は
   左から 55歳 65歳 58歳 とお見受けした
6 10分間で
  ・研究開発の詳細
  ・研究開発の達成目標
  ・研究開発の資金計画
  を説明実施
  8分時にベルが鳴る
  10分以内で終了させた。時間内で終了したと公社の方が発言
  本来10分時にもベルが鳴る
7 質疑応答(20分予定)
  ・中央の方から
  1  〇〇ソフトで 同様のサービスがあるが その違いは
  2  どうして 開発会社の 〇〇 を選択したのか? 
  3  銀行との借入金の話はどうなっているか?
     ・〇〇万円の借り入れはできるのか?
     ・銀行の反応はどうなのか?
  4  シニアを社員として雇うのか?
  5  シニア向けの教育は本開発と関係があるのか?
     ・〇回〇カ月講習とは
     ・無償で教育するのか?
  12  副業起業して間もないが、本事業を通じて、どうして行くのか?

  ・右の方から
  6  〇〇機能について
      いわゆる〇〇機能としての自己学習機能を有しているのか?
  7  2分岐の判断であれば それは〇〇機能とは言わない!と厳しく(顔が)指摘された
     (自己学習用のデータは収集するが、その適用は人が支援するものと正直に益田の考えで説明)
  8  クラウドに保存して大丈夫か?
      クラウド側がダウンしたらどうなるのか?
  ・左の方から
  9  国税関係書類の分類は?
  10  具体的にどのように本サービスに登録するのか?
       11  〇〇技術は使うのか?
8 質疑応答は約15分というところ
  ・しっかり資料を読み込んでいる訳ではなさそうであったが、それなりに、突っ込みどころを複数確認しているようであった
9 別室に公社職員と面談
  ・どうして費用の高い〇〇を選んだのか?
  → 〇〇は サービス価格を 抑えることが可能な 〇〇ベースのサービスインフラを利用できる開発をするから
  余談
  ・二次面接までに半数が落ちている
  ・二次面接後に 新たに 審査会が実施されて 更に半数が落ちる
  ・採択されるのは 結果として 1/4程度となる
  ・面接官により 資料の準備にバラツキが見受けられた
   ・左の方は カラーで印刷して持っていた
   ・中央の方は モノクロ2in1で 閉じていたので こちらが説明で示しても コツを得なかった
感想・反省など
・ 準備はしっかりしていたが、それなりの緊張感はあった
・ 面接官の内 強め の方が いても良いように 想定問答 をもう少し練っておくべきであった(特に〇〇機能)
・ 今回の経験で 他のお客様の 経験に基づくアドバイスが できる 自信になった(大きなノウハウ)
以上 とても貴重な経験ができました。
読者の皆様が もし 助成金などの申請の際 少しでも 迷いがあれば アドバイスしますので お気軽に まずは 問い合わせより ご相談ください。
2019年07月21日 17:00

助成金申請「一次審査合格通知」が当社に届きました!

公益財団法人東京都中小企業振興公社 企画管理部 助成課より

「【新製品・新技術開発助成事業】一次審査(書類)通過のお知らせ 」が 当社に届きました!
2019年3月上旬から準備して、4月上旬に申請していたものです。

2社の協力会社と何度も打ち合わせを重ねて
1)申請書を慎重に作成し
2)開発内容を十分吟味し
3)資金計画を策定し
4)添付書類を工夫して

今回の書類・資格審査(一次)の結果通知を心待ちにしていました。

本当に 良かったです。
これで 自信をもって 助成金 一次審査合格の勘所をご希望の皆様に伝授できます。

さて次は、二次審査に臨みます。
二次審査合格の後 体験談など ブログに書いてみたいと思います。
2019年07月07日 17:00

株式会社e-SOL

〒173-0036
東京都板橋区
向原一丁目5番12
向原サンハイツ306号

電話番号
03-6325-2264

営業時間 8:00~20:00

定休日 土曜日
(年末年始、GW、お盆)

会社概要はこちら

モバイルサイト

株式会社e-SOLスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら