株式会社e-SOL|シニア起業支援・ITコンサル|東京都板橋区

行政書士・上級文書情報管理士による実績と、自らの起業経験に基いたシニア起業支援、ITコンサルをいたします。

ホームお知らせブログ ≫ 2019年 ≫

2019年の記事:お知らせブログ

「楽楽明細」をお客様にお薦めして " 特長 " が明らかになりました!

「楽楽明細」をお客様にお薦めして特長が明らかになりました!

紙の請求書発行は印刷代!紙代!郵送費!人件費!と電子に比べて余分なコストが沢山発生します。
「楽楽明細」で業務効率向上と経費削減を実現しましょう!!

● 製品の前提
・クラウドサービス(オンプレはない)
・既存の業務(販売管理)システムで内部承認を取得済みの帳票(国税関係書類)を対象にしている。
・請求書だけでなく納品書や支払い明細や領収書なども対応可能
・300件/月以上のお客様が効果を実感できる費用感である

● 特長
1 登録ユーザー数は無制限。発行帳票件数に応じた従量課金
  ・初期費用\100,000
  ・月額費用\21,000(300件)~
2 自社のロゴを入れられる
3 独自ドメインの利用も可能
4 TOPページのカスタマイズも可能
5 取引先もMyページが持てる(顧客ページ、担当ページなど)
  ・配信中止処理機能付き
  ・相互に書いたコメントの履歴が残る
   →聞いた、聞いてないの問題を回避できる
  ・「承認」ボタン機能あり
  ・遡って確認できる
6 Myページを持たない、url+pwの運用も可能
  ・ただし、当月分しか確認できない
7 宛先まとめ機能がある
8 未ダウンロード顧客への督促メール機能

● 制限事項
・帳票毎に取り込むCSVファイルは分ける必要がある
・上記の続きで、予約発行機能で異なる帳票をまとめて発行することも可能
・取込むファイル名の中に顧客コードを入れるなどの作法がある
・上記が不可の場合は、電子ファイルの中身のテキスト情報を解析することも可能
・基本的に国内ユーザー向けが主体であるが、海外のお客様との運用も可能
 ・メールテンプレートは1つなので、日英併記が必要
 ・Myページは日本語のみ

● その他
・帳票フォームは、標準(\0~\150,000)とカスタマイズ(\350,000)の両方がある
・「電子帳簿保存法」対応も可能であるが、電子文書管理システムがあれば、そちらに一元管理させた方が
 効率的な場合がある
・「楽楽明細」の考え方としては、税務調査時に個別帳票の確認依頼を受けた際は、即時印刷できるから問題ないという考え方
 → 税務コンプライアンス的に、やや難がある考え方である
   → あるべき姿としては「電子帳簿保存法-10条電子取引」の電子保存要件を確保して、電子ファイルで
     税務調査対応を受けた方が、ベターである!
2019年08月15日 08:30

火災保険で水害被害の補償が「ほぼ全額」出る場合がある!

2018年7月に兵庫県の某地域で長時間集中豪雨がありました。
その地域で多数の住宅で影響が出ていました。
我が自宅も、2階ベランダが水であふれて、サッシの隙間から室内に侵入し、1回の天井とクロスの間に何十リットルもの水が溜まって
相当の影響を受けました。
専門の雨漏り対策業者(Y社)をネットで複数検索して、2社に問い合わせをして、結果的に秋口になって、被害状況の確認をしてもらいました。
特に、心配だったのが次の点です
1 漏電はないか?
2 柱などは腐っていないか?
3 全体修理にはどの程度かかるか?

年末に一番心配だった漏電検査に専門の電気技術者を伴ってY社に来ていただき、入念に漏電検査をしたところ問題のないことがわかりました。
また、浸水した程度では柱はほとんど影響がないと経験上の説明と現地の検査の両方で安心しました。

さて、全体修理ですが、見積もりによると
1)電気コンセントの付け替え工事
2)クロスの貼り替え工事
3)2階ベランダの防水工事
で30万円弱でした。

これからも継続して住む大事な家なので、修理に向けていろいろ検討していました。
その過程で、保険会社への相談が重要なポイントなってきました。
保険の種類は火災保険だったのですが、保険会社がよく相談に乗ってくれて、たまに状況確認の連絡もくれました。
結果的に、正式に見積書が整ってから、保険会社に保険適用の申請書を書くことになったのが2019年6月頃でした。

申請書の書き方や表現の仕方に一番気を使いました。
審査員の立場になって、簡潔明瞭に書くにはどうしたらよいかを、よく考えて書きました。
下書きから、何度も見直して、数日おいて見直すなどして慎重に書きました。
投函後、保険会社から確認と質問お電話が入りました。

結構、ドキドキしましたが、真摯に受け答えしたことで、特に問題なく理解してもらったようです。
その証拠に翌週に、封筒が送られてきて、ほぼ申請全額の振込連絡書が同封されていました。

改めて確認してみたところ
保険の種類は「ホームライフ総合保険」でした。
保険会社は「MS海上火災保険」でした。
保険の期限は、2023年でしたので、もうすぐ更新時期を迎えるものでした。

今回の教訓
1 家を買う時の保険は 総合保険にすべし
2 保険会社は大手にすべし
3 保険金申請はしっかり検討して書くべし

後日談
先日 上記修繕工事関係はすべて完了し、1年ぶりに綺麗になりました。
Y社が言っていたことですが
「周りで沢山保険請求しているお客様を知っているが、申請全額に近い実績は聞いたことがない」
とのことでした。
このような普段の生活に密着した申請手続きでも、今までのスキルや経験が役立った貴重な経験でした。
 
2019年08月14日 08:37

経費精算システム「楽楽精算」の取扱いを始めました!

color_logo
弊社株式会社e-SOL経費精算システム「楽楽精算」の取扱いを始めました!
 
今すぐ経理にかかるムダやコストを削りたい、働き方改革を進めたいなら、
経費精算システム「楽楽精算」がオススメです。

 
特に、
 
  ・今の経理業務に「ムダ」を感じている
 ・ITで経理部門の生産性を向上させたい
・残業を減らして働き方改革を進めたい

              
そんな課題を感じている企業の経営者や経理担当の皆さま!
そもそも自社の経費精算にどれくらいのコストがかかっているか把握されていますか?
 
・営業をはじめとする社員が申請にかけている時間
・管理職がその承認にかけている時間
・そしてその一件一件をチェックして仕訳や振込まで行うのに経理がかけている時間
 
その時間分だけ人件費がかかっています!
もしも、これらをすべて紙やExcelで行っていれば、
当然ながら手入力の処理件数が膨大で、ミスや差し戻しに振り回され、
経理担当の月末月初の残業は増えるばかり。
経費精算はただでさえ面倒なのに、ムダやストレスの温床となり、
生産性の低下はやがて他の重要な業務にも支障をきたしかねません。
 
そして、そんなリスクをまるっと解消してくれるのが経費精算システムです。
なかでもTVCMで話題の「楽楽精算」は、充実の機能と操作性、
中小規模の企業でも導入しやすい良心的な価格設定と安心のサポート体制で、導入社数はNo.1。
※ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2018」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2017年12月末までの累計導入社数)
これまで経費精算にかかっていた膨大な時間やコストをシステムの力で劇的に削減できます!
 
経理業務の働き方改革は費用対効果抜群の「楽楽精算」から始めましょう!
「楽楽精算」についての詳細は、こちらから
(サイト内「楽楽精算」製品紹介ページURL)
 
「楽楽精算」のお申込み・お問い合わせはコチラから https://e-sol.tokyo/contact.html
お急ぎの方は、直接お電話でご連絡ください。
TEL 03-6325-2264
営業時間 8:00~20:00
受付時間 8:00~9:20/12:00~12:50/18:10~20:00
定休日 土曜日(年末年始、GW、お盆)
 
2019年07月31日 08:15

開発助成金 二次面接 体験談!

201907〇〇二次面接 振り返り
1 1時間前には現地到着
2 受付時に 注意事項の紙が配布される
3 10分前ぐらいに 呼び出し
4 呼び出し官に 注意事項や進行上の説明を受ける
5 面接会場に入室
  ・面接官3名+振興公社の方が2名
  ・面接官の中央の方が主担当
  ・私の面接官は
   左から 55歳 65歳 58歳 とお見受けした
6 10分間で
  ・研究開発の詳細
  ・研究開発の達成目標
  ・研究開発の資金計画
  を説明実施
  8分時にベルが鳴る
  10分以内で終了させた。時間内で終了したと公社の方が発言
  本来10分時にもベルが鳴る
7 質疑応答(20分予定)
  ・中央の方から
  1  〇〇ソフトで 同様のサービスがあるが その違いは
  2  どうして 開発会社の 〇〇 を選択したのか? 
  3  銀行との借入金の話はどうなっているか?
     ・〇〇万円の借り入れはできるのか?
     ・銀行の反応はどうなのか?
  4  シニアを社員として雇うのか?
  5  シニア向けの教育は本開発と関係があるのか?
     ・〇回〇カ月講習とは
     ・無償で教育するのか?
  12  副業起業して間もないが、本事業を通じて、どうして行くのか?

  ・右の方から
  6  〇〇機能について
      いわゆる〇〇機能としての自己学習機能を有しているのか?
  7  2分岐の判断であれば それは〇〇機能とは言わない!と厳しく(顔が)指摘された
     (自己学習用のデータは収集するが、その適用は人が支援するものと正直に益田の考えで説明)
  8  クラウドに保存して大丈夫か?
      クラウド側がダウンしたらどうなるのか?
  ・左の方から
  9  国税関係書類の分類は?
  10  具体的にどのように本サービスに登録するのか?
       11  〇〇技術は使うのか?
8 質疑応答は約15分というところ
  ・しっかり資料を読み込んでいる訳ではなさそうであったが、それなりに、突っ込みどころを複数確認しているようであった
9 別室に公社職員と面談
  ・どうして費用の高い〇〇を選んだのか?
  → 〇〇は サービス価格を 抑えることが可能な 〇〇ベースのサービスインフラを利用できる開発をするから
  余談
  ・二次面接までに半数が落ちている
  ・二次面接後に 新たに 審査会が実施されて 更に半数が落ちる
  ・採択されるのは 結果として 1/4程度となる
  ・面接官により 資料の準備にバラツキが見受けられた
   ・左の方は カラーで印刷して持っていた
   ・中央の方は モノクロ2in1で 閉じていたので こちらが説明で示しても コツを得なかった
感想・反省など
・ 準備はしっかりしていたが、それなりの緊張感はあった
・ 面接官の内 強め の方が いても良いように 想定問答 をもう少し練っておくべきであった(特に〇〇機能)
・ 今回の経験で 他のお客様の 経験に基づくアドバイスが できる 自信になった(大きなノウハウ)
以上 とても貴重な経験ができました。
読者の皆様が もし 助成金などの申請の際 少しでも 迷いがあれば アドバイスしますので お気軽に まずは 問い合わせより ご相談ください。
2019年07月21日 17:00

助成金申請「一次審査合格通知」が当社に届きました!

公益財団法人東京都中小企業振興公社 企画管理部 助成課より

「【新製品・新技術開発助成事業】一次審査(書類)通過のお知らせ 」が 当社に届きました!
2019年3月上旬から準備して、4月上旬に申請していたものです。

2社の協力会社と何度も打ち合わせを重ねて
1)申請書を慎重に作成し
2)開発内容を十分吟味し
3)資金計画を策定し
4)添付書類を工夫して

今回の書類・資格審査(一次)の結果通知を心待ちにしていました。

本当に 良かったです。
これで 自信をもって 助成金 一次審査合格の勘所をご希望の皆様に伝授できます。

さて次は、二次審査に臨みます。
二次審査合格の後 体験談など ブログに書いてみたいと思います。
2019年07月07日 17:00

「税を味方に、強い経営を。」

新設法人向けに 全国法人会連合が 無償で研修会を実施していて、5月中旬に参加してきました。
http://www.zenkokuhojinkai.or.jp/about/index.html

加入メリットの一例ですが

労働保険事務代行

事業主が行うべき労働保険(労災・雇用)の事務手続き等を年間6,000円からの低料金で代行します。

各種相談

税務・労務・経営といった経営者様のちょっとしたご質問・ご相談にお答えするため、専門相談員との面談による無料相談を実施しております。

法律相談

板橋法人会の会員企業の皆様のために無料で法律相談(電話のみ)を実施しています。

法律相談

都内各法人会の会員企業の皆様のために無料法律相談(1時間まで)を実施しています。

などほかにもたくさんのメリットがありました。
さらに月額会費が 当社の場合(資本金が400万円以下)は\300でした。
即 申し込みました。
加入したのは http://www.itabashi-houjinkai.or.jp/index.html 板橋法人会です。

・新設法人のための 会社税金ガイドブック
・税務コンプライアンスのための
 ・自主点検ガイドブック
 ・自主点検チェックシート
を頂くことができました。
★上記は わが社のビジネスにおいて とても参考になる 価値の高いものでした。
今後はこれを参考に 企業のペーパーレスを進めるうえでの 税務コンプライアンスのアドバイスの指針に利用してまいります。


 
2019年05月24日 08:11

トイドローンの屋外飛行の注意事項など

tello等のトイドローンは、重量200g以下の機体である為、航空法の規制対象外となり、飛行できる場所やシチュエーションの幅が広がり大きな魅力があります。
しかし、航空法では規制外(200グラム以下の機体)でも、都道府県条例等で飛行が禁止されている場合や、他人の私有地の上を無断で飛ばすなどの行為は避けなければなりません。

一例ですが

・一般道の上空を飛行する場合は事前に管轄の警察署に連絡と相談しましょう。
 安全性に関するアドバイスがもらえ、現地で通報された際などにも状況が深刻化するのを防げられる場合があります。
 事前に管轄の警察署とコミュニケーションをとっておくことが重要です。

・河川敷等でドローンを飛ばす場合は河川法、海は港則法や港湾法、公園内は自然公園法などが関わってくる可能性もあります。
 これらに該当するエリアでの飛行を検討している場合は事前に管理者に相談と確認をすることが重要です。

・道路上で撮影をする場合に他人の車を無断で追尾して撮影するなどした場合は、プライバシーの侵害とみなされる可能性があります。
 不用意に周囲の人に不快感や不安を与える方法でドローンを飛ばすことがないよう注意しましょう。

・飲酒時や、風が強い状況下も飛行しないよう注意喚起がなされています。

 少しでも不安がある場合は、飛行を断念すべきであることは言うまでもありません。

このように考えてゆくと、まだまだ屋外で飛行させるのは厳しいですね!
屋外で飛ばせる環境が沢山出来ることを願っています。
2019年05月09日 08:35

telloの件 無人航空機ヘルプデスクに電話をして聞いてみました。

Q1-4 ゴム動力飛行機や重量 200g 未満のラジコン、マルチコプターは、自由に規制 無く飛行させることができるでしょうか
ーーーーーーーーーー
A ゴム動力飛行機や重量 200g 未満のラジコン、マルチコプターなどは、 「模型航空機」 に分類され、今回新たに設ける無人航空機の規制は適用されませんが、
従来からの航空法の第99条の2の規制(空港等周辺や一定の高度以上の飛行については国土交通大臣 の許可等が必要)は適用されます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
の件で無人航空機ヘルプデスクに電話をして聞いてみました。

結論から言うと

「telloは「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」の規制対象外である」と

回答を得ました。

QAにもあるように
「航空法の第99条の2の規制(空港等周辺や一定の高度以上の飛行については国土交通大臣 の許可等が必要」なので
・空港等周辺は絶対に許可が必要ですが
・一定の高度以上の飛行は、telloはMax30mしか飛ばせませんので許可は不要です。
航空法で、本来的に「無人航空機」であれば受ける住宅密集地での航空法上の許可などはtelloと言う「模型航空機」は不要となります。


さて、「住宅密集地」等でtelloを(屋外で)飛行させる場合注意が必要なのは、関係法令及び条例等についての遵守が必要ということでした。

ーーー具体的には下記のようなもの----
無人航空機の利用者の皆様は、以下の関係法令及び地方公共団体が定める条例等を遵守して飛行させてください。
〇 小型無人機等飛行禁止法(警察庁)
〇 ドローン等に求められる無線設備(総務省)
〇 ドローンによる映像撮影等のインターネット上での取り扱い(総務省)
〇 無人航空機の飛行を制限する条例等
-----

沢山ありますね、安易な理解で飛ばすと違法行為となり、罰金や逮捕につながる恐れがありそうなので

週末に整理して、まとめてみたいと思います。お待ちください。
2019年05月08日 08:10

小型ドローン(tello)を購入して飛ばしてみました

IMG_0433
telloはテルロではなくテローと発音します。
手のひらサイズのドローンですが専用のアプリをスマホにインストールして
カメラ撮影や動画撮影も行えます。

購入したのは、本体と充電器と予備バッテリー付きのセットと専用のコント
ローラーです。
→ コントローラー無しでスマホの画面で操作するのと、コントローラーで
 操作するのとでは、その機敏な動きを引き出す操縦性が圧倒的に違います。
(コントローラーは\3,800と高いものではないので最初から購入することを
 お勧めします。)

簡単で小さなマニュアルしかなかったので、動かせるかどうか不安でしたが
、ネットに参考になるものが上がっていたのであまり迷うことなく2時間ぐ
らいで、離陸して前後左右上下に動かし着陸したり、回転させたりしながら
写真撮影や動画撮影ぐらいはできました。

なお、後で気付きましたが、一番最初にすることは充電でした。
→ 充電には20分ぐらいかかったような気がします。

さて、この小型ドローンですが
自宅内であれば自由に飛ばせるのですが、屋外ではどうなのでしょうか?

調べてみたところ
「無人航空機(ドローン、ラジコン等)の飛行に関するQ&A」を
国土交通省 航空局がネットに掲載していました。
http://www.mlit.go.jp/common/001218182.pdf

上記の抜粋ですが
ーーーーーーーーーーーーーー
Q1-4 ゴム動力飛行機や重量 200g 未満のラジコン、マルチコプターは、自由に規制 無く飛行させることができるでしょうか
ーーーーーーーーーー
A ゴム動力飛行機や重量 200g 未満のラジコン、マルチコプターなどは、 「模型航空機」 に分類され、今回新たに設ける無人航空機の規制は適用されませんが、従来からの航空法の第99条の2の規制(空港等周辺や一定の高度以上の飛行については国土交通大臣 の許可等が必要)は適用されます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とあるのです。

とても「航空法の第99条の2の規制(空港等周辺や一定の高度以上の飛行については国土交通大臣 の許可等が必要)は適用」の部分が気になります。
99条の2を見てみましょう。
 
第九十九条の二 何人も、航空交通管制圏、航空交通情報圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのあるロケットの打上げその他の行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしてはならない。ただし、国土交通大臣が、当該行為について、航空機の飛行に影響を及ぼすおそれがないものであると認め、又は公益上必要やむを得ず、かつ、一時的なものであると認めて許可をした場合は、この限りでない。
2 前項の空域以外の空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、あらかじめ、その旨を国土交通大臣に通報しなければならない。

( ,,`・ω・´)ンンン? 結局、「模型航空機」である小型ドローンは、どうして航空法の第99条の2の規制(空港等周辺や一定の高度以上の飛行については国土交通大臣 の許可等が必要)は適用」を受けるのか?と航空法の第99条の2の規制の許可の取り方はどうすればよいか?

が良くわかりませんでした。
なので、GW明けに 無人航空機ヘルプデスク 
電話 : 03-4588-6457


に電話して聞いてみます。
お楽しみに!


 
2019年05月06日 14:25

電子帳簿保存法の「スキャナ保存」制度が普及しない原因を考察します 2

国税庁は4条3項「スキャナ保存」を2005年(H17年)に経団連などの要望に応える形で規定しました。
「e-TAX」の普及と「スキャナ保存」制度新設を絡めてその規定を追加したのです。

追加当初の要件として「3万円規制」「実印相当の電子証明書」「業務サイクル時の帳簿の抱き合わせ」など過剰ともいえる要件が山盛りになっていました。
この時点で立法趣旨である「納税者等の国税関係帳簿書類の保存に係る負担を軽減する等のため」が蔑ろ※にされていたと感じています。

※蔑ろとも思える記述箇所
平成17年度の電子帳簿保存法の改正では、適正公平な課税を確保するため、特に重要な文書である決算関係書類や帳簿、一部の契約書・領収書を除き、原則的に全ての書類を対象に、真実性・可視性を確保できる要件の下で、スキャナを利用して作成された電磁的記録による保存(以下「スキャナ保存」といいます。)を認めることとされました。」下記URLより抜粋

https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/01.htm
 
その後はご承知の様にH27年・H28年連続施行規則の緩和などが実施され、更にH29年の通達やQA修正などでやや要件緩和がなされました。

しかし、これだけやっても年間承認件数は796件/FY2017です。 
4条1項「帳簿のデータ保存」年間承認件数が12,371件/FY2017増加していることと比較(15.5倍)しても承認件数が少ないのは明確です。
データはURLより。
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/sonota2017/denshichobo.htm

本法律の問題点は、
「納税者等の国税関係帳簿書類の保存に係る負担を軽減する等のため」を見極めるために
「納税者等の国税関係帳簿書類の保存に係る負担」の洗い出しとその優先度区分を議論してあるべき電子・電子化保存の要件を再検討する点が欠けているものと考えます。
 
デジタルファースト時代の現代として 
「納税者等の国税関係帳簿書類の保存に係る負担を軽減する等のため」を見極めるために
「納税者等の国税関係帳簿書類の保存に係る負担」の洗い出しとその優先度区分を議論したあるべき電子・電子化保存をベースにして、「適正公正な課税を確保する」
新要件を官民協力して知恵を早急に絞るべき時が来ていると感じます。

皆様のご意見をお待ちしております。
https://e-sol.tokyo/contact.html
2019年05月05日 08:10

株式会社e-SOL

〒173-0036
東京都板橋区
向原一丁目5番12
向原サンハイツ306号

電話番号
03-6325-2264

営業時間 8:00~20:00

定休日 土曜日
(年末年始、GW、お盆)

会社概要はこちら

モバイルサイト

株式会社e-SOLスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら