株式会社e-SOL|シニア起業支援・ITコンサル|東京都板橋区

行政書士・上級文書情報管理士による実績と、自らの起業経験に基いたシニア起業支援、ITコンサルをいたします。

ホーム ≫ お知らせブログ ≫

お知らせブログ

2019年度 新製品・新技術開発助成事業(東京)の申請体験談!

2019年度 新製品・新技術開発助成事業の申請体験談!

本事業の詳細は、下記より
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/shinseihin.html

本事業は、実用化を目指す新製品開発の助成金※です。

※助成金は、融資ではないので基本的に返済義務はありません。

しかしながら、申請体験した者として言えることですが
・ 申請資料作成自体に約1.5カ月はかかります。
・ 本事業の説明会に参加しても 概要しか理解できません。
・ 「募集要項」を何度も読み直し、本事業の窓口の助成課に電話問合せして、複数人の目でチェックしながら申請資料を作成しないと、不備を抱えたままの申請なりかねません

要するに簡単ではないと言うことです。

【 助成事業の内容 】
-------------------
特徴
・原材料や機械装置、外注加工や委託試験の費用、ソフトウェア開発に係る人件費など開発に係わる経費を最大1,500万円助成
・最長1年9ヶ月の助成対象期間
・創業年数、業種の指定なし(創業予定者も申請可)
主な申請資格
・都内の本店又は支店で実質的な事業活動を行っている中小企業者等(会社及び個人事業者)
・都内での創業を具体的に計画している個人
 
助成対象期間
 2019年4月1日(月)~2020年12月31日(木)
助成対象経費
 原材料・副資材費、機械装置・工具器具費、委託・外注費
  産業財産権出願・導入費、専門家指導費、直接人件費
助成限度額: 1,500万円
助成率: 1/2以内
-----------

弊社の場合の大まかな流れとして

1 2019年2月25日に本助成事業の説明会を受けました
2 翌日より申請準備に入り 
  「申請前確認書」と「申請書」をダウンロードしました。
3 「申請書」はExcelファイルのフォームで25ページあります。
  これを埋めながら、検討を重ねていくのが、結構大変です。
  粗々で作成するまで2週間はかかりました。
4 次に「申請前確認書」をチャックしながら、提出準備資料や
  申請要件の厳重な確認が必要になります。
  役所などから取り寄せないとならないものが複数あるので
  直ぐに2週間ぐらいは掛かってしまいます。
5 ほぼ内容が確認できて、細部の調整になるのが、3月29日でした。
  更に最後の見直しです。
  ポイントは
  ・事業目的の一致:申請内容が生産・量産対応、設備投資でないこと
  ・規定外の経費:募集要項で規定する経費以外の経費を計上していないこと(支払方法は原則銀行振込)
  ・不明確、曖昧な表現:購入予定の物品、取引先等に関して「未定」「検討中」等の不明確な表現がない
  ・記入漏れ:必要箇所は過不足なく記入し記入漏れがないこと
  ・表示の不具合:申請書データ(PDFファイル)に、表示の見切れ・不具合等がないこと
  でした。
6 ポイント解説
1)事業目的の一致:特に問題無かったです。
2)規定外の経費:現実的に委託する場合など先に全額支払いその証明が必要だと言うことです。
3)不明確、曖昧な表現:ここが一番神経を使いました。最後の最後まで見直し修正した部分です。
4)記入漏れ:ここも結構注意が必要です。
5)表示の不具合:Excelから印刷範囲を指定してPDFにした時に上手にページ生成が出来ないことがあり、全ページを確認するなど注意が必要でした。
7 感想
 新製品開発の考え方を整理して、資金繰り、販売計画、機能、性能、新規性、優秀性、スケジュールなどを捻り出し、見える化し、資料全体を通しての
整合性を確保するなど非常に気を使いながらの作成でした。
 これらの作成作業は、一人ではまず無理だと感じました。複数の方の支援とできるならば経験者のチェックやアドバイスが有効だと感じました。
 私は、今後の皆様への支援をするためにも自分自身で一通り経験したかったので苦労しましたが、皆様は専門家に多少費用がかかっても
依頼された方が良いのではと感じました。
 今後の審査が楽しみです。

<今後のスケジュール>
7月上旬:一次審査結果
7月中旬:面接審査
8月中旬:二次審査結果

 審査状況も分かれば、またブログを書きたいと思います。
 
 
 
 
 
2019年04月03日 08:10

新社会人が陥りやすい 高額ローン契約の 罠(わな)!とは? 

営業教育・活動支援
■ 親としての子たちへの不安

成人後の子供たちは社会人になっても未熟です。
一定の職業に就き、収入を得ると自分自身の裁量で買い物を楽しみ、各種サービスを受けるようになります。
金銭感覚は、学生時代のバイトなどで多少ついてきているでしょうが、社会人になると、クレジットカードを作ること
が普通にできてしまうので、高額な契約をしてしまって後悔している若者がたくさんいるのです。
良質な製品やサービスを、信頼と安心と誠実な取引でご商売をされている企業が大半なのですが、そうではない企業も
一定程度いるから未熟な若者が犠牲になっているのです。
高齢者向けの「オレオレ詐欺」がマスコミで相変わらず注目されていますが、わたくしたちシニア世代の息子や娘が
被害にあっています。
被害にあいかけている状態だとその危険性を察知して注意喚起し、もし不幸にして被害にあった事実やその傾向が把握
できた際の対処方法も重要です。

しかし、最も重要なのは、予兆を察知することです。
予兆を察知するには、周囲が連携して変化をつかむ意識が必要です。
本人は社会人で、収入もあるので、
・騙されたと思いたくない!
・自分で何とかすればよい!
・親に知られたくない!
・1、2年我慢すれば良い!
などと自分で抱え込むことが多いです。

また、契約してしまってから「シマッタ」「ヤバい」と思いクーリングオフできるにもかかわらず、契約先企業に
「契約」解除の相談をして、上手に説得されてしまい、不承不承納得させられて抱え込んでいる若者が多いことか。
このような若者の、「奇麗になりたい」「痩せたい」「外国語が話せるようになりたい」「・・・したい」
「・・・改善したい」という
思いに寄り添うようにして(自社利益優先で)歩み寄る業者を見分ける目を若者が当初から備えることは無理です。
是非とも、周囲の方が適切なコミュニケーションを取りながら予兆を察知して、問題の芽を摘んでほしいと思います。

代表的な予兆
・「お金を貸して欲しい」と頼んでくる
・「お金がない・・・」と言い出す
・無理なバイトを入れだす
・「督促状」が届く
・変な電話がかかってくる
・よく分らない商品が届く
・よく分からない葉書が届く
・急に派手になる
・帰宅時間が遅い
・メールやLineの返信がない・遅い
などを参考にしてください。

そして、予兆を感じたら、次のようなことを聞いてみましょう
・何か買い物のした?
・何か(ローン・割賦)契約したの?
・いつ契約したの?
・いくらぐらいの契約?
・できれば契約書や契約前の説明書を見せて
・その契約で提供を受けた製品やサービスは満足できている?
などを、詰問調ではなく、相談に乗りたい!大事なあなたのために!

★上記は、どうしても厳しくなりがちですが、事実関係が明らかなり、且つ本人が不本意な契約と認めるまでは
優しく接することが肝心です。
なお、ハッキリしたら、厳しくなっても仕方ないので「時系列」で事の次第を全て明らかにする必要が緊急で必要です。

「時系列」のポイント

・契約の切っ掛けは(何が気に入ったか?どうして気に入ったか?)
・契約に踏み切るまでの企業側と申し込み側の詳細な動き(無料サービスなど受けてしまって、気弱になっていたか?)
・「クーリングオフ制度」の丁寧な説明があったか
・「契約解除」条項の説明があったか?
・契約者企業情報
・契約前の説明書
・契約の申込書(いつ申し込んだか)
・ローン申し込み契約書(いつ契約したか)(月額料金は、ボーナス時の支払い料金は)
・ローン会社の企業情報
・製品・サービスなどの納品書など(約束通りの納品があるか?あやふやな製品やサービスになっていないか?)
・なぜ 解約したくなったか(疑問や不安に感じた理由は何か?)
・解約したくなった理由の背景には何があるのか
・それを相手方に示したか
・示した際の相手方の対応は
・取り繕ったり、ごまかしたり、有耶無耶にした節はないか?

対処するには、専門家に頼むことをお勧めします。

・お住いの市区町村の法律家相談
・管轄の消費者相談センター
・24時間受付の消費者相談センター
・行政書士や弁護士でも有料で相談に乗ってくれます。

もちろん当事務所でも相談に乗ります。
 
https://e-sol.tokyo/contact.html
上記よりお問い合わせください。

詳しく書きたくなければ、簡単に書いてくださって結構です。
現在はネット社会で 危険に満ちています。
スマホでどこにでもアクセスできて、甘い言葉や情報に満ちています。
多かれ少なかれ、なんだかのミスや過ちを犯してしまうと考えるべきです。
ですから、毎月1回程度は、お子様たちの定期観察を心がけて、教育と支援を怠らないようにしたいものです。
ご家族での食事会や旅行や映画などの鑑賞やスポーツなどを通じて、大事なご家族のために・・・
皆様のお幸せを祈っております。
2019年04月02日 08:10

副業で株式会社を起業!習得できた知識と経験と人脈 9

東京信用保証協会で「創業支援内容証明申請書」の発行経験談を書きます。

「創業スクール」の卒業生の特典として、卒業後1年間の期限がありますが、
「創業支援内容証明申請書」※を発行していただくことが可能です。
※本書の有効期限は3カ月です。

「創業支援内容証明申請書」は、「創業助成事業」の申請時の資格条件の
一つなのでとても重要です。


東京都信用保証協会で「創業支援内容証明」の発行を受けるには
「創業支援内容証明申請書」を入手する必要があります。
本紙は、ネットからダウンロードなどできないもので、「創業スクール」の卒業生に紙で渡されるものです。

証明される内容は以下のとおりです。

・支援の開始日
・支援回数
・創業支援の内容
 ・経営
 ・財務
 ・人材育成
 ・販路開拓

なお、本紙の有効期限は3カ月間です。
本紙とセットで「個人情報に関する同意書」の提出とそのコピーの受領が必要となります。

さらに、本紙の発行は複数回依頼できますが、「創業スクール」卒業日(8回目)より1年間が期限になっています。
と言うことは、助成金を数年に分けて申請するには、同等の「創業スクール」を受講して卒業する必要があることになります。

http://www.tokyo-kosha.or.jp/station/services/sogyokassei/sogyojosei_send.html

 
2019年03月20日 08:10

副業で株式会社を起業!習得できた知識と経験と人脈 8

今回は「創業スクール」での人脈について触れたいと思います。

私が参加した中で 特に 懇意になれた方は
・カイロ系の方
・理学療法士の方
・盆栽で起業を検討している方
・ISO関係のソリューションシステムを軸に起業を準備中の方
・映像関係で起業を検討している方
・空き家住宅のリノベーションで起業を検討の方
などです。

講義毎にテーブルの席が変わるので、いろいろな方とテーブルを
囲み、その方の考え方に触れ、意見を聞くことができる仲間でした。

最終の8回目は、全員が発表者それぞれに、感想を記載したシートを
渡す場面があるので、たくさん意見を頂けて、素直な気持ちで
「創業スクール」を卒業することができました。

途中、懇親会があり、創業日もお別れ懇親会を開きました。
皆さんも 是非 参加してみてください。

様々な 区や機関で 同様の「創業スクール」が開講していますよ!
2019年03月19日 08:10

副業で株式会社を起業!習得できた知識と経験と人脈 7

「創業スクール」の重要性について、体験談をです!

実は 受講特典のことをあまり深く考えずに 純粋に事業家としての勉強をしたい一心で申し込みしました。
私の場合、申し込みをした時は、設立前でしたが、「創業スクール」の第1回目の前日の8日に設立完了していたので、その点ご理解いただけるかと思います。

さて、感想についてですが
・ 全員参加型のワーキングが必ずあり
・ 「1分間トーク」を行い、またその感想を述べる、など頭を使うことが多く
・ 頭の回転を促進するために、テーマに応じた書き出し(捻り出し)をするなど工夫に富んだものでした
・ 特に、参考になったのは、多種多様な目的や立場で集まった受講生と毎回、話を聞いてもらい、且つ聞き、意見を述べ合ったことがとても有意義でした。

具体的には
・ 開業直後の「社員教育」メソッドに即取り入れることができた
・ 自社の事業計画の一からの見直しができた
・ プロの金融機関の方にプレゼンする機会があり、気づかなかった「強み」を認識することができた
・ 同期生から「ホームページ制作」サービスについて興味を持っていただき、翌月に成約にこぎつけた

意図しなかった副産物として

1 東京と融資制度「創業・創業支援特例」対象→ 金利0.4%優遇
2 東京都振興公社「創業助成事業」申請対象
の 基礎的資格が獲得できました。

こころから参加してよかった!と感じています。
2019年03月18日 08:10

副業で株式会社を起業!習得できた知識と経験と人脈 6

「創業スクール」の重要性について、体験談を含めてご案内します。

私の場合、東京信用保証協会様が開催された「創業スクール」に応募して、受講することができました。
第26期(h31年1月9日開講)の概要は下記のとおりです。
・参加人数:約25名
・講師は中小企業診断士と東京信用保証協会のお二人
・各会約2時間半(18:25から21:00)
★参加卒業特典
1 東京と融資制度「創業・創業支援特例」対象→ 金利0.4%優遇
2 東京都振興公社「創業助成事業」申請対象
である点が受講のメリットです。


テーマ・概要 第1回 <経営>
 ・創業同期の確認
 ・自分資源の掘り起こし
 ・経営とビジョンワーク
創業の心構え 第2回 <経営>
 ・市場環境をつかむ
 ・強みを事業計画に反映する
 ・起業アイディアの発想ワーク
事業領域の設定 第3回 <販売方法>
 ・マーケティングの基礎の基礎
 ・提供商品サービスを磨く
 ・集客と販売方法を決める
売れる仕組みを作る 第4回 <経営・人財育成>
 ・自分にふさわしい組織を選ぶ
 ・人材雇用、育成のポイント
 ・先輩起業家による体験談
組織の選び方と運営方法先輩起業家体験談 第5回 <財務>
 ・収支(損益)計画の基本
 ・売上、費用、利益
 ・金融機関の視点
第6回 <個別相談会>
 ・1対1面談での40分相談会
資金計画と損益計画 第7回 <財務>
 ・必要資金と調達方法
 ・資金計画
 ・創業計画書ワーク
第8回 <ビジネスプラン発表会>
 ・全員のビジネスプラン発表
 ・講師講評

今回は 概要でしたが、次回は体験談と出会いを中心にご案内します。


 
2019年03月17日 10:58

副業で株式会社を起業!習得できた知識と経験と人脈 5

起業時に欲しいのが何といっても自社のホームページです。
ホームページ作成ツールはたくさんあります、大きく悩みます。
また、ホームページ制作サービスをしている会社もたくさんあります。
何をポイントに選べがよいのか?
価格か?出来栄えか?メンテナンスのしやすさか?実績は?選択する際不安だらけですよね?!

弊社も悩みました、当初3社からの提案を受けましたし、自分でツールを利用して制作することまで考えましたが
AMSを選びました。

理由は、価格と実績と電話対応の親切さからです。
また、条件として、弊社の「事業計画」きっちり練り上げていた結果、自社の特徴や競合と比較した際の強みや、誰に見てほしいか、など検討が完了していて、ホームページの大きな5ページの構成案ができていた点でした。
★ このあたりが 自社だけで 悩むのではなく 経験者のアドバイスを受けることをお勧めします。
★ よろしければ  https://e-sol.tokyo/contact.html よりお問い合わせください。

【 AMS 申し込みから納品までの(弊社の場合)流れ】
2月 9日 ホームページ制作代行に申込
2月12日 クレジットでの払い込み
「制作代行シート」入手
「制作代行シート」への入力
「制作代行シート」を見ながらの電話打ち合わせ
「ドメイン」の選定確定
2月13日「ドメイン」取得完了
   テンプレートの検討と絞り込み
   名刺の作成依頼
2月18日 顔写真の提供 ロゴの提供
2月21日 電話番号の確定とその連絡
2月27日 ホームページ 仮版 確認
    サイトがひととおり仕上がったものを
    パソコン、スマートフォンより確認します
2月28日 「営業時間と定休日の表記について」相談
    相談内容に基づいて、制作工夫
    益田原稿の誤字修正
3月 4日 「問い合わせフォーム」の通知について、
    yahoo宛にも送信されるよう設定
    同日 公開 納品
★「納品初日からAMSのブログ作成機能でブログが簡単に書けました!」
★管理画面からホームページの修正メンテが簡単です!シニアの方でも十分できます。
2019年03月15日 18:10

副業で株式会社を起業!習得できた知識と経験と人脈 4

「正式な登記完了」と「設立後の開業届書提出」についての体験談をご案内します。
 
■ 設立後の開業届書提出に向けて
・提出した「登記申請書」は、提出日の翌々日以降に管轄登記所宛に問い合わせをする必要があります。
・正式な登記申請は管轄登記所で行われます。
・申請書の内容等に補正事項があれば電話を頂くことになります。
(補正がないようにセンター担当者がチェックはしてくれていますが・・・)
→ 完了確認が出来たら、所轄登記所を訪問して
  ・「印鑑カード交付申請書」
  ・「印鑑証明書」
  ・「登記事項証明書」(履歴事項全部証明書)※
   ※「法人設立届」にも必要だし、銀行口座開設時にも必要
■ 国税と都税事務所向け各種届書
・「法人設立届書」
・「青色申告の承認申請書」
・「給与支払い事務所等の開設の届出書」
・「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」
・登記事項証明書
・定款のコピーはそれぞれいるので、2部コピーしておくこと
・返信用のA4封筒+140円程度の切手

★後で慌てる落とし穴
1 国税庁の法人番号と登記簿の法人番号とは違う!
   法人用の銀行口座開設手続きで法人番号が必要な場合 とても びっくりします!
2 国税庁の法人番号が発行されて、設立法人に郵送されるのですが
   郵便局に 新設法人 の 転居届(私の場合は自宅開業なので転入届)を出しておかないと届かないリスクが大きい!

■ その他 設立後の開業に向けての(私の場合)TO-DOリスト
 1 行政書士の開業登録
 2 銀行口座(信金と都銀)
 3 ホームページ(クラウドサーバ+ドメイン+メールなど)
    シリウス:通常版\18,800 上位版\24,800←ますだ行政書士事務所
     先に行政書士 シンプルなものを作る
      その後に、株式会社e-SOLをレベルを上げて作る
   参考:AMS社に委託した場合、A4サイズ5ページ制限で\39,800+月額\4,200x12=\50,400
 4 会計ソフト
    わくわく財務会計←ますだ行政書士事務所
     先に行政書士
      1カ月の無料体験版から利用をスタートする
 5 事務機器、事務用品
    机、キャビネット、パソコン←ますだ行政書士事務所
 6 事務所のインターネット(電話開設含む)←ますだ行政書士事務所
 7 東京都中企業振興公社(税理士相談随時)
 8 役員の給料に関しては、3カ月様子を見てから
 9 商標登録「e-文書法コンサルタント」「電子契約コンサルタント」←ますだ行政書士事務所
   ・類似証憑検索
   ・分類調査
   ・申請書下書き
   ・電子申請調査
 
以上が企業にこぎつけるまでの大まかな流れです。
皆様の参考になれば幸いです。
 
 
2019年03月14日 18:10

副業で株式会社を起業!習得できた知識と経験と人脈 3

前回は「次回 パート3では、設立登記申請について書きます。お楽しみに。」とご案内しておりました。

では、ご案内させていただきます。

3)設立登記申請準備として、
・「株式会社設立登記申請書」
・「就任承諾書」
・「登記すべき事項をオンラインにより提供する場合の別紙」※
 (電子定款だから)定款と本別紙の内容が合致している必要があります。 
・「払い込みのあったことを証する書面」
・個人の銀行口座に資本金があることの「通帳」のページコピー※
 資本金額を出し入れする必要があります。(前日対応)
・「印鑑届書」
・「印鑑登録証明書」(個人の実印)
・新会社の「社印」※
 「社印」はネットで開業3本セットで調べたらピンキリ(1.5万~)でした。
 実際の店舗では5万前後でした。

4)1)~3)※での各種書類の作成後、準備が出来たら、抜け漏れ勘違いがな
いか等の確認のために再度東京開業ワンストップセンターにてチェックを受け
ました。
※1)2)は前回のブログをご覧ください。
・チェックポイント
 1 USBは2本必要(Wordの定款有り、空のもの)
 2 15万円の印紙は購入して(貼らないで)持参すること
 3 上記以外に5.2万円以上お金を準備
 4 パソコンは現場での微修正に備えて持参する
 5 準備する書類がたくさんあるので、漏れの内容にチェックする
 
5)当日は予約時間の20分前に行き、コーヒーを飲んでゆったりしていまし
たが、公証役場の担当官が早めに声をかけて頂き、マイナンバーカードを用
いて、電子定款用のID/PWなどのユーザー情報を登録しました。
・この時、モバイルで上記登録中に認証情報を受け取る必要があります。※
※→この点は、事前のセンター訪問でも未確認事項でした。
(私はスマホで対応しました)
・定款認証:9時15分~10時45分
・設立登記:10時5分~11時00分
(定款認証の待ち時間で設立登記の確認と微修正を行いました)
・登記受付完了をもって『会社設立』となりました。
・上記完了後に税務署への開業届書の下書きに対して確認とアドバイスを
 11時00分~11時30分で受けました。

今回はここまでです。次回は「正式な登記完了」と「設立後の開業届書提出」についての体験談をご案内しますね!
ご期待ください。
2019年03月13日 08:48

副業で株式会社を起業!習得できた知識と経験と人脈 2

前回ご案内の「なお、「創業計画書」を書き上げるだけでは、会社の設立はできませんので次回以降で、設立準備について触れてまいります。お楽しみに!」の件でパート2を書いてみます。
 
『 会社設立(定款認証&設立登記申請)体験談(東京都内が本店所在地の場合)』
 
■ 結 論
・約2時間15分(9:15~11:30)で完了
・しっかり準備していても、現地で微修正がありPCの持ち込みが必要
・感想:私は、電子定款での認証をしましたが、4万円の収入印紙の負担
    がなくできて気分よく定款認証が出来ました。東京開業ワンスト
    ップセンター※を活用しましたがとても親切に事前相談&指導を
    してくれて大正解でした。
※東京開業ワンストップセンターの紹介
https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/onestop/japanese/business/
本センターは是非利用すべきです。
理由は、定款認証も設立登記申請も税務署への開業届書などもまとめて相談
にのって頂くだけでなく、提出受付をしてくれるからです。

■ 事前準備で実施した内容
1)日本公証人連合会の定款等記載例 
http://www.koshonin.gr.jp/format
  の株式会社の定款記載例の「中小会社1」※を利用しました。
※私の会社の基本機関設計は、
株式非公開・取締役1名・監査役非設置・会計参与非設置にしました。
要するに一人株式会社です。
これを用いて、
①商号
②事業目的
③本店所在地
④事業年度
⑤資本金
⑥出資者(設立時株主)
⑦機関設計(役員構成)
⑧株式の譲渡制限の有無
など相談アドバイスを受けながら「定款」を作成します。
「定款」を作成する以前に、「事業計画」を入念に検討し、「事業計画書」
を完成させていることが前提条件です。
 
2)定款認証方式には2つの方法があります。
①紙定款による認証:4万円の収入印紙が必要です。
②電子定款での認証:収入印紙が不要ですが、「マイナンバーカード」を
利用した電子認証が必須です。
定款認証手数料は5万円で、追加費用として「定款謄本」作成料が2千円
程度必要です。(作成部数によります)
私の場合の費用は \52,760 でした。
 「申告受理及び認証証明書」(「実質支配者となるべき者の申告書」)が
 併せて発行されます。
次回 パート3では、設立登記申請について書きます。お楽しみに。
2019年03月12日 18:48

株式会社e-SOL

〒173-0036
東京都板橋区
向原一丁目5番12
向原サンハイツ306号

電話番号
03-6325-2264

営業時間 8:00~20:00

定休日 土曜日
(年末年始、GW、お盆)

会社概要はこちら

モバイルサイト

株式会社e-SOLスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら